スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |
はじめに・・・
このブログは、英語・英会話を6年間に渡って猛勉強し、マスターするに至った管理者が、より効率的な、より経済的な勉強方法を紹介する為に作られたものです。あくまで私個人の経験に基づくもので、主観的に書いておりますので、万人の英語力上達を保証するものではないことを予め了承ください。

インターネットを見ていると、商品の宣伝をするサイトは数え切れないほどあります。そして、『オススメ』と銘打っている教材もごまんとあります。

しかし、そのサイトの管理者は実際その教材を使ったことがあるのでしょうか? 

ほとんどの場合使っていません

「使ってもいないくせに、何でその教材が『 オススメ 』だと言えるんだ!?」

と、私は以前からつくづく怒りを覚えていました。そんなサイトに騙され、役にも立たない教材を買ってしまったことが何回もあるからです。

英語教材等を紹介する多くのサイトはこのような『販売目的のみのサイト』で、管理者自身が英語を話せなかったり、教材の知識が何も無かったりと、無責任な人が結構いるような気がします。

ここで、私の騙されたインチキサイトに見られた特徴を挙げておきます。

1.『1年間で英語がぺらぺら』と宣伝
 ⇒ そんな事は絶対に有りえません!頭の柔らかい10代の留学生が日本語を一言も話さない環境にいて、どうにか同世代と対等に話せるようになるのが1年後です!

2.『聞くだけで英語が話せる』と宣伝
 ⇒ 不可能です。聞くだけでは一生かかっても話せるはずがありません。

3.『英会話スクールの○○で英語が話せるようになる』などと宣伝
 ⇒ 後に述べますが、初心者が英会話スクールに通って英語が話せるようになる為には、ほとんど毎日欠かさずに通う必要があり、非現実的です。

こんな例を挙げたのは、私と同じ過ちを犯してほしくないからです。

このような経験から、私が教材を紹介するときには必ず自分が実際使って効果のあった教材と、使った事は無いが効果があると思う教材を以下のように区別して紹介することにしました。

 使った事があるもの⇒ 
 使った事が無いもの⇒ 

巷には様々な英語教材や英語修得法なるものが氾濫しています。ですから本当に効果的な方法を見つけるのは至難の業でしょう。そんな中で、このブログが英語や英会話が上手くなりたいという方の助けになれば幸いです。


(教材を買うときの注意事項!!)

教材を購入するに当たって、さまざまな意見・質問が寄せられるために、この項を設けました。

 やはり一番多いのは購入するべきか迷っているという意見です。 英会話教材はどれも高価で、迷うのは当然の事だと思います。 

 迷っているうちは買わないほうが良いとも言えますし、迷っていては前には進めないとも言えるので難しいところです。

 また、チャーピーを初め、紹介する教材にはとても自信を持っていますが、やはり人によって良し悪しは異なり、取り組み方によっては効果の薄いものもあるかもしれません。

 英会話の勉強にはとても根気が必要で、一朝一夕に効果が出るものでもありません。よって、教材を購入する際は『その教材は良いものか?』という事のほかに、『勉強する覚悟はあるのか』という事も考える事が大切です。

衝動買いは失敗の元なので、このことを心に留めて置いてください!!


(本文を読むときの注意事項!!)
私が本文中で言う『初級者』とは、日常英会話力が不十分な人を指します。
そして、『中級者』を、日常英会話は難なく話せるが、高度な話題には対応できないレベルの人を指します。

ネイティブで例えると、
◆『初級者』 = 幼児~幼稚園児レベル
◆『日常会話マスター』 = 小学校低学年レベル
◆『中級者』 = 小学校高学年~中学生
◆『上級者』 = 高校生~ ←英語がぺらぺらレベル

以上のように解釈していただけるようお願い致します。

誤解しないでほしいのは、私が初級者の目標としている『日常会話マスター』のレベルは決して低くないという事です。小学校低学年レベルの英語が話せれば、日本人の感覚からすれば『かなり英会話が出来る人』なんです。殆どの人は幼稚園児レベルにさえ届かないのですから。


- PR -


ご自分の英語力が分からないという方は、英語検定(英検)協会英語コミュニケーション能力判定テストがオンライン受験できます。↓





テストの精度はTOEIC・英検と同等で、TOEICスコア・英検級数も算出されるので参考になります。受験料が3500円かかりますので、しっかり準備をしてから受験する事をオススメします。(注)英語力=英会話力ではないことに注意してください!

また、英語教材の購入のみをお考えの方は、教材販売サイト↓を御覧になってください。

 
logo2005.gif


Eigo Shopでは、お子様向けからビジネス英語まで、様々な商品が販売されていますのでかなり役に立ちます。
スポンサーサイト
【 2005/06/03 22:07 】

| 未分類 | コメント(4) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。